BLOG

楽して痩せる?、、、運動法!

2022/02/03

こんにちはT-S1 Personal Gymです。
今日は楽して痩せる?
楽して=効率の良い運動方法をご紹介させて頂きます。

ダイエットを始められた方でよく多いのは
たくさん歩いたり、たくさん走ってカロリー消費させようとする方が多いのですが、実はそんなに消費されていない事が事実です。

実際に1時間のウォーキングでは、200Kcal前後(体重によって異なる)
と言われてますので小さめのお茶碗1杯分のご飯や食パン1枚程度しか消費されておりません。
※朝食1食分のイメージ。

ですから一生懸命に長時間運動しても消費がなかなかできません。

なので今日のテーマ「効率の良い運動方法」をしっかりと実践してみてください。

□30分以上の有酸素運動は行わない。
長時間の有酸素運動を行ってもさほど消費カロリーは変わりません。
それどころか時間が長くなればなるほど筋肉の分解も始まってしまう為、逆効果となることも、、、
30分間しっかりと継続できるスピードを保つことがより効果的です。


□正しいペースを知ろう
有酸素運動を行う場合、正しいペース(脂肪が燃焼しやすいペース)
が必ずあります。
最大心拍数や運動強度を設定し正しい計算をすることで、より効率の良い運動を行えます。


□運動強度の設定
上記でも書いたように運動強度はダイエットにおいてかなり重要な一つとも言えます。
簡単ですが一番燃焼しやすいのは早歩きです。
ただし、これは男女や年齢、運動経験の有無などによって異なります。
30分間ペースを変える事なく早歩きを続けてみてください。
結構な疲労感が味わえるのではないでしょうか?


□有酸素運動は出来るだけ朝に行え!
1日の始まりでもある朝に有酸素運動を行う事で脂肪燃焼しやすい体を作る事ができ1日の最高なスタートを切る事ができます。
しかし、夜に行うと気温も低くなり、なかなか汗が出にくいだけでなく事故の危険性も高まります。

また実際に朝有酸素運動を行った場合と夜有酸素運動を行った場合の
体重の変化も実験されており、”朝の方が体重が落ちやすい”事も発見されております。

なかなか、仕事で時間が取れないなんて方はお仕事の合間や休憩時間に
10分程度散歩に出たり少し立って運動するなどでも大丈夫です!

特にテレワークが増え長時間座りっぱなしの方は家の階段やマンションの階段を使って昇降運動なども代用OKです。
始められることからやっていきましょう。

正しい計算方法が知りたい方、より詳しくこのお話を聞きたい方は
是非一度、当ジムにお越しください。
今回の内容はいかがだったでしょうか?
また次回もお楽しみに〜!