BLOG

筋トレ後の効率的な食事の摂り方

2022/02/22

こんにちは。
T-S1 Personal Gymです。
今日のテーマは「筋トレ後の食事」について書いていこうと思います。
少しでもご参考にして頂けると嬉しいです。
それでは早速内容の方に入っていきたいと思います。

筋トレ後にどのような食事を摂るのか?
どのような順番で食べたらいいのか?
非常に重要になってきます。
運動後の食事は筋肉を作る為にとても重要ですし、披露している身体にいち早く栄養を届ける事が大事になってきます。

・運動後の食事は抜くな!
ダイエット中の方に見られるのがせっかく運動したから食事を摂りたくない。
摂らない方が痩せそう。など言われますが絶対に抜いてはダメです。

抜いてしまうと、トレーニング後の体は、貯蔵されていたエネルギーがなくなり、使われた筋肉の細胞も損傷した状態になっています。また血中糖度や血中アミノ酸が低くなり、マグネシウムやカリウム、カルシウム、ナトリウムなどの体を動かす役割を持つ電解質が汗と一緒に体の外に流れてしまっている状態です。


食事を抜いてしまうと、筋肉の痙攣などを引き起こしやすくなったり、疲れが体に残ってしまったりするのでトレーニングによって不足した栄養を素早く補ってあげましょう!

トレーニング後すぐにタンパク質を摂取する方が多いかと思いますが、
タンパク質よりも早く摂ることをオススメなのが”糖質”です!

【トレーニング後の食事】
①糖質
②タンパク質
③アミノ酸
④ミネラル(電解質)

①糖質
トレーニングでは筋肉や肝臓のグリコーゲンをエネルギー源とし使われる為
消耗したグリコーゲンをより早く摂取してあげることが重要です。
特に持久系トレーニングは、グリコーゲンが多く消費されるので吸収の早い糖質を摂取するようにしましょう。
また、糖質はタンパク質と組み合わせて摂取することで筋合成が促進されるので、両方摂ることでトレーニング効果を高めることができるでしょう。

②タンパク質
タンパク質は傷付いた筋肉の修復や筋合成に使われ、消化されるとアミノ酸に分解されて筋肉や内臓、皮膚、血液などの材料となります。


摂りやすいものとしては、豆乳、プロテイン、ヨーグルト、ちくわ、チーズ、サラダチキン、具が多めのおにぎり(鮭、たらこ、味玉など)などがおすすめです。
強度の高いトレーニングを行った後は、特にタンパク質の補給を心がけましょう。

③アミノ酸、④ミネラル(電解質)
はかなり奥深い内容になってしましますので、詳しく知りたい方は当ジムまで
お問い合わせくださいませ。

またこちらの内容はダイエット目的としておりますが
目標設定やトレーナーの指導方法、食事方法によっては異なる場合がございますので、担当トレーナーにご相談ください。
それ以外にもこんな時はどういう食事がいいの?
どんな食材がオススメですか?など随時ご質問も承っておりますのでお気軽にこちらもご相談ください。

長くなりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました!!